実はよくわかっていない?認め印ってどんなものを指すの?

宅配便を受け取る時などにお世話になっているのが「認め印」です。何気なく使っていますが、印鑑にもいろいろな種類があり、実印、銀行員、会社印、訂正印、落款印などがあります。その区別はあまりよく分かっていないという場合もあるかもしれません。認め印とはその名の通り、認めること、つまり「受け取ったと認める」というしるしと言うことになります。
印鑑そのもの種類としては、実印とその他の印鑑と大きく2つに分けることが出来るでしょう。その他の印鑑の中には、用途に応じて銀行印として使うものもあるでしょうし、一般使いとして格安なものを認めとして使う場合もあるでしょう。
会社を設立する際には通常3本セットで法人用印鑑を作ります。実印、銀行印、角印です。実印は代表印や登記印として使い、角印は法人用の認印と考えれば良いでしょう。

認め印はどんなものを使えばいいの?

実印と認めの大きな違いは、役所に届け出るか否かと言うことになります。日本では住宅を買ったりローンを組むなどの大事な取引の際に実印を使用するという法律があります。このため、特定の印鑑を各人1つ役所に正式なものとして届けておくことが出来ます。重要な取引をする際には、実印と印鑑証明が必要になる事があるためです。
役所に届出をした正式な印鑑が実印です。その他の印鑑は用途に応じて使い分けることになります。認めに使うものはどのようなものでも良く、100円ショップで売っているような安い印鑑でも問題ありません。そもそも宅配便の認めではサインでも大丈夫なこともあるほどです。
銀行で通帳を作る祭などに使うのが銀行印で、実印である必要はありません。自分でこれと決めれば何でも良い事になります。

実印はどんなものを使えばいいの?

実印は役所に届け出る正式な自分用の印鑑となり、大事な取引をする際には必要になります。かつて実印として届け出る印鑑は、掘り師に依頼して作ってもらう慣習がありました。現代では通販ショップで非常に手軽に安く印鑑を買い求められる時代になり、おしゃれなものもたくさん出回っています。
実印用に印影が複雑な手掘りを薦める意見も見られます。真似しにくいという理由からですが、現在の技術ではどんなに複雑な印影で真似されないものは作れません。実印は印鑑証明書と一緒になってこそ効果が発揮されるものですから、むしろ印鑑届出カードなどと印鑑の保管を厳重にすることが有効であって、印影を複雑にすることに意味はありません。
女性の場合結婚によって姓が変わる場合も多いため、姓ではなく名をつかった印鑑を実印として申請することも良く見られます。