庭をリフォームしてバリアフリーに

   

一軒家を購入する目的として自分達だけの自由空間である庭がほしいというのが多いと思います。この自由空間があることによって洗濯の乾かしや子供たちが遊ぶ空間に加えて、植物を育てることによる鑑賞だけでなく果物や野菜の収穫など出来ることはたくさんあり生活を豊かにしてくれるのです。それだけ一軒家を購入する際に大きな役割を持っているのですが、近年において庭だけをリフォームする流れが増えています。なぜリフォームするのか、それは近年の社会問題である高齢者が住む住宅が増えてきているからです。健康体であったときは何も問題なかった段差や植物の配置は、手足が上手く動かなくなった状態になると移動に不便になり憩いの場ではなくなってしまいます。そこでリフォームをしてバリアフリーを行なうことで、元の憩いの場を楽しめるようにするのです。

バリアフリーはどんな形で行なうのか

バリアフリーの概念は手足が不自由な人が安心してすごせるように、家周りで移動の制限になるものを取り外し別の装備を設置することです。基本的にどんなことを行なうのかというと、まず家から外に出る際に害虫や害獣を家に入れないためと土台空間の確保のために高低差があります。その高低差を埋めるために階段を設置することが多いですが、手足が不自由だと縦の幅が広い階段では躓けば怪我をしてしまう要因になるのです。そこで縦の幅の広い階段を取り外して、その代わりに車椅子でも出やすいように緩やかな傾斜の台をつけるか手すりつきの段差のない階段を取り付けます。それ以外では防犯の意味をこめて砂利を敷いていることが多いですが、砂利では転倒したときに衝撃を吸収できずこれも怪我の要因になってしまうのです。景観を壊さない程度に様々な色彩のゴム板と人工芝と天然芝の複合を設置し、転んでも大丈夫なようにすると共に、家に植物を育てているのであれば植木鉢をなくし直接植物を植えられる空間を作るようにします。

衰えても居心地のよい空間にするために

人間は生きていく中で肉体の衰えは避けられるものではないです。自覚はしていても衰えを認めたくないばかりに、健全な状態の体の意識のままで行動すれば怪我をしてしまうリスクを高めてしまいます。そんなことにならないためにも、本人が自覚できれば良いですが周りが自覚をさせなくても安全にすごせるように手を貸してあげることが自尊心を傷つけずに楽しく過ごせる秘訣です。近年では改築自体にも各自治体から補助金が出るようになっているので、施工する前に申請しておけば負担が軽減できるのでお勧めです。先に言ったとおり一軒家は自由空間があるからこそ意味があるものであり、それをどんな年代でも楽しめるようにバリアを取り除いてあげることも継続して生活を支えてくれます。

ピックアップ記事

庭のリフォームをして雑草対策をしよう

庭付き一戸建ての家など購入した場合には、子供やペットなど遊ばせるスペースもある点から生活の中で楽しい思い出を作ることも可能です。しかしながら、手入れなどをしていないと雑草などが生い茂り定期的に雑草対策...

ペット用にも!一戸建て住宅の庭のリフォーム

一戸建て住宅に住んでいる方ならば、犬や猫などのペットを飼っている方も大勢存在しています。現在では犬猫ブームになるのでお子さんの教育にも役立つ生き物として飼育できます。室内限定として飼育されている方もい...

庭をリフォームしてバリアフリーに

一軒家を購入する目的として自分達だけの自由空間である庭がほしいというのが多いと思います。この自由空間があることによって洗濯の乾かしや子供たちが遊ぶ空間に加えて、植物を育てることによる鑑賞だけでなく果物...

費用やメリットは?庭をおしゃれにリフォームしよう

作成にかかる費用や作ったことによるメリットを考えてみましょう。砂利を引くだけの簡単なものからウッドデッキなどの大きなものまで様々です。費用としては、レンガを使ったりタイルを敷いたりする工事を伴う場合は...