印鑑の中でも最も利用頻度の高い認め印

認め印は、最も使える範囲が広い印鑑です。仕事上の書類を閲覧したとか、社内の文書を確認したことを示すために押印したりします。家庭で使う場合は、宅配便や郵送された荷物や書類を受け取ったことを示すために使われたり、各種の届け出のために利用したりします。
金銭や法律が関わる重要な契約をする際に使われる実印は、市役所等への登録が必要となりますが、確認や承認のために必要になる印鑑は、登録をする必要がありません。大量生産されていて、100円均一の店舗や事務用品店などで、安価な値段で販売されています。安いお金で買えることから、昔の硬貨の単位から三文判の名前で呼ばれることもあります。大きさは、訂正印を除いて、印鑑の中でも最も小さいサイズである12mm程度の物が多いです。

一定の効力があるので軽く取り扱わないこと

認め印は、実印に比べて効力が低いと考える方もいるでしょう。しかし、軽く扱うとトラブルの元となりますので、しっかりと手元に保管し、悪用されないように気をつけてください。
各種の届け出として使うことが出来ますので、銀行印や市町村などの役所への届出印としても使うことが出来ます。銀行印には専用の印鑑を作ってもいいのですが、ほとんどの銀行では、手頃な値段で購入した物でも印鑑として受け付けられます。
万が一、手持ちの印鑑を盗まれた場合に、手持ちの預金を引き出されるケースも想定されるでしょう。届出書に捨て印を押した場合にも、印鑑を提出された相手がどのような用途で使っても良いという承認を出すことになりますので、信頼の出来る相手先にのみ、押印するように気をつけてください。

インク付きの印鑑が正式な文書に認められない理由

認め印には、インクが付いているスタンプ式の印鑑もあります。ボールペン等の筆記用具と一体化させられて、持ち運びがしやすいですし、朱肉を用意する手間がなく、インクが十分に入っている場合には、そのまま押印できるため手軽に使えて非常に便利でしょう。
しかし、公的な文書に届け出や確認の意味で押印する場合には、利用不可とされています。スタンプ式のため、押された印影が均一の物となりやすく、判別しづらいのが原因です。朱肉を使って押した場合には、力のいれ具合により、全く同じ形にはなりません。また、固い材質のプラスチックや木材が使用されず、ゴム製なので劣化しやすく、いんくによるにじみもひどくなり、印影が鮮明でなくなってくる場合があります。
しかし、荷物や文書の引き受けや、受領証には使えます。便利な印鑑ですので、使い分けをするといいでしょう。